お知らせ

2020-12-31 23:49:00
134351381_5026602407380028_6807081791893011113_n.jpg
皆さんこんにちは。いつもお世話になっております。Masaです。
今年も残すところ後僅かとなりました。
沢山の感謝と反省を胸に2020年を振り返りたいと思います。
本年は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に終始した1年となりました。
不幸にもお亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を捧げますと共に、ご遺族の皆様に対し深くお悔やみ申し上げます。
また感染症収束の気配が未だ見通せない中、経済活動は著しい影響を被っており、それにより苦しんでおられる方々にも心よりお見舞い申し上げます。
そして、社会の一員として、世界各地で治療や感染予防に尽力されている方々に感謝と尊敬の意を表します。
新型コロナウイルス感染症は、私達の暮らし方、働き方、考え方、いわば社会全体の様式を一変させました。
我々が携わる語学教育業界も例外ではありません。リモート化が進み、各国の語学教育機関及び留学斡旋会社は急速なデジタル化で懸命にこの変革の時代に対応しようとしております。
Asao Language Schoolも同様です。私達は常に最新の情報に耳を傾け、既存のスタイルに縛られる事なく、新たなツールを積極的に取り入れてサービスの改善を続けて参ります。
軌道修正を続ける事、そして自分達を変化させ続ける事で、学習者の仕事のリズムや生活スタイルに合ったより効率的な学習環境を整備することが出来るはずです。
日本語を学んでいる皆さん、
今年も一年間大変お疲れ様でした。コロナの影響で生活のルーティーンが崩れたり、仕事の環境が変わったり、兎に角日本全体が通常通りに機能しなかったせいで、海外生活はより一層チャレンジングだったと思います。何よりも一度も帰国出来なかったのは辛かったですね、、、。しかし、そんな中でも必死に学習を続けたあなたを私達は心から尊敬しています。あなたは如何なる状況下でも自分の価値を最大化する工夫を怠りませんでした。それは物凄いことです。その努力! 見ている人は必ず見ているんです。努力は必ず報われますよ。これからも応援しています ☺
英語を学んでいる皆さん、
今年も大変お疲れ様でした。コロナの影響で毎日のリズムに大きな乱れが生じてしまいましたね。学習に集中する事がより一層難しい環境の中、将来を見据えて、語学のトレーニングを絶やさなかったことは本当に素晴らしい事です。リモート化の影響で今後はより一層仕事でもプライベートでも英語でのコミュニケーションの必要性が浮き彫りになっていくと思います。また海外ビジネスとの携わりも増えていきます。様々な国の人達と交流する機会に恵まれれば、そこには、日本とは違う文化・習慣・風土・歴史が存在することを実感出来ます。価値観の異なる世界の存在を感じる事で知見はより一層広がっていきます。忙しい毎日ですが、継続は力なり! 一緒にがんばりましょう ☺
先生方、
今年も大変お世話になりました。何かと至らない点が多くご迷惑ばかりお掛けしているAsaoのオペレーションにも関わらず、いつも柔軟に、そして笑顔で対応して頂きありがとうございます。一人一人の学習者に常に真剣に向き合って下さっている先生方によってAsao Language Schoolは支えられております。本当に心より感謝申し上げます。私達の活動は他者から必要とされ、社会の役に立っているという実感があります。この活動を長く続ける事が出来れば、その感謝の対価として私達は生きがいが得られると信じています。私達は今後も学習者一人一人が充実感を味わえる活動を目指して、学習者と共に学び、成長し、一歩一歩前進していきましょう ☺
来年2021年5月にAsaoは7周年を迎えます。これも一重に、皆様方のお力添えとご愛顧の賜物であると、深く深く感謝しております。
来年もAsaoは挑戦を続ける皆さんに感謝し、共感し、心の拠り所と成り、コロナ危機が発生する前よりもさらに強く、より社会から必要とされるコミュニティーに成れるように全力で努めて参ります。
2020年本当にお疲れ様でした。今年も例年通り爆笑と困惑と緊張と感動と悔し涙の連続でしたね笑
でもまた一歩前進出来たんです ☺
当面は全世界的に困難な時期が続くかと思いますが、その後にはきっと明るい未来が待っています。2021年も一緒にがんばりましょう!
本年も大変お世話になりました。
忙しい年末ですが、健康第一で良いお年をお迎え下さい。
2021年は素晴らしい年でありますように!
Masa and Aiko on behalf of Team Asao
2020-12-19 18:37:00
初オンラインイベントの総括

Masaです。

 

12月の慌しさにかまけて久しぶりの投稿となってしまいました、、、。

 

今年も残すところ後僅かとなりましたね :)

 

12月12日土曜日に行われた弊校初のオンラインイベント、2020オンライン忘年会も無事終了しホッとしております。

 

ご参加頂いた皆様、お時間を取って頂きありがとうございました。

 

私が直接伺った範囲内ではポジティブなフィードバックばかりでしたが、参加を希望していた35名中8名がログイン出来ないという状況を招いてしまい、またその対応に追われた結果、開始終了時間も乱れ、予定していたクイズやゲームも出来ず、、、、ホストである私としては色々と反省点が残る弊校初のオンラインイベントとなりました。

 

最終的な参加人数は主に英語を学習されている日本人が14名、日本語を学習されている外国籍の方々が13名の合計27名でした。その内、9名がハワイ、韓国、サウジアラビア、イタリア、スウェーデン、イギリス、アイルランドからアクセスされ、残りの方々は日本各地からアクセスされました。

 

今回のイベントもバラエティーに富んだ顔ぶれが揃い、皆んなで楽しく会話をする事が出来ました :) 

 

今回使用したRemoというシステムは、より現実に近いパーティー空間を演出するツールなので、皆さんも是非試してみて下さい

 

https://remo.co/

 

名古屋と松坂を中心に活動されていらっしゃる高杉アトリエの高杉様には、今回もスポンサーを快諾して頂きました。豪華な景品も準備して頂き、本当にありがとうございました。

 

https://www.takasugi-atelier.com/

 

(高杉賞銅賞銀賞金賞の発表は、弊校のYouTubeチャンネルでご覧頂けます。)

 

https://www.youtube.com/channel/UCJKclcwAQhn92ilBXSScTag

 

またご参加頂いた方々には、私から細やかではありますが、デジタルギフトをプレゼント致しますので楽しみにしていて下さい :)

 

弊校は2014年に開校してから本日まで対面レッスンと共に日本各地にお住まいの方々、海外在住の方々、また帰国された方々向けにオンラインレッスンも常時提供して参りました。私達のオンラインレッスンは1対1のレッスンが中心ですが、今回初オンラインイベントを行った事でオンラインの新たな可能性を感じました。RemoやOviceやGather Townといったシステムを導入すれば、将来的に時差や身体的な距離を超えて、営業時間内であれば誰もが気軽に訪れられるバーチャルな教室をオープンすることも可能かもしれません :)

 

次回のイベントは、来年2月初旬の新年会です。通常は都内のプライベートルームを貸し切っての餅つき大会ですが、恐らくにオンライン新年会を行うことになります。

 

もう一度Remoか、OviceやGather Townを試してみるか、やはり使い慣れたZoomでいくか、、、

 

しっかりと対策を練って臨みたいと思います!

 

 Masa 

2020-12-08 10:40:00
2020 Online Bounennkai at 21:00 - 22:00 on Saturday the 12th!

こんにちは

 

Masaです!

 

日本語能力試験、通称JLPTが12月6日日曜日に無事終了致しました。

 

弊校からも15名程が受験した今回のJLPTは、7月のキャンセルの影響、コロナ禍で転職や就職やキャリアアップを狙う方の増加もあり、全体の受験者数が通常よりも多かった様です。

 

池袋や藤沢等関東圏だけでも試験会場は様々でしたが、学生のフィードバックによると1クラスに100〜150名程度が集まってテストが行われたそうです。

 

今回はテスト時間も短縮された異例のJLPTでしたが、学生からのフィードバックは上々です :)

 

皆さん、本当にお疲れ様でした。次回は来年7月ですね :)

 

今回申し込み締め切りを逃した方、次回は気をつけましょう笑

 

次回の申し込み期限は4月です!

 

 

弊校の英語の学習者も順調に結果を出しています。

 

特に高校3年生は既に志望校への入学が決まった者も出てきており、ホッとしております :)

 

英検を1月に受験予定の方は12月10日木曜日、TOEICを2月受験予定の方は1月12日火曜日が申し込み期限なので気をつけて下さい。

 

弊校では、その他IELTS, ケンブリッジ検定、TEAP, TOEFL等の試験対策も行っておりますので、いつでもご連絡下さい。

 

 

今回も日本語学習者向けの最新動画をアップさせて頂きました。

 

Facebook:

https://fb.watch/2eA-Ihm4OA/

 

YouTube:

https://youtu.be/rKonbyZSXCA

 

今回のトピックは使役の受け身です。

 

前回の動画では英語の代表的な使役動詞to makeとto letを見てみました。

 

今回はその受け身バージョンです。

 

例えば、

 

He is made to do his homework by his parents. 

He is let to play the video game by his parents. 

 

です。

 

英語で使役動詞を受身形で使う際に注意しなければならないのは、toが入ることです。

(普通に使役動詞を使う時は、toが入りません。)

 

to be made to doもto be let to doも文の構成は同じですね。

 

しかし、日本語だと、

 

子供は親に宿題をさせられる。

子供は親にゲームをさせてもらう。

 

となり、文の構成が変化するので気をつけましょう。

 

to makeを選択する事で強制、to letを選択する事で許可、どちらを選択するかによってニュアンスを変えられる点は変わりません。

 

しかし、

 

He is let to play the video game by his parents.

の様にto letを受け身で使うことは一般的ではありません。

 

He is allowed to play the video game by his parents.

He is permitted to play the video game by his parents.

 

の様に同じ意味の言葉で代替するとより自然です。

 

 

さあ、12月12日土曜日21:00 - 23:00は弊校主催のオンライン忘年会です。

 

Remoというシステムを使って、バーチャルなパーティー会場を演出します。

 

https://youtu.be/P01JxUBNU2Y 

 

参加費は無料です。言語ゲームをしながら交流し、参加者全員に景品をプレゼントします。また最後のくじ引きで当たりを引いた方には、共同主催者のTakasugi Atelierさんから、金賞・銀賞・銅賞の豪華な商品が送られます。

 

外国語学習に興味がある方はどなたでもご参加頂けるので、お誘い合わせの上ご連絡下さい :) 

 

ラストスパートです。皆様お体に気をつけて頑張って下さい!

 

Masa

2020-12-04 17:10:00
12月12日土曜日21:00からオンライン忘年会を開催

こんにちは

 

Asaoの管理人兼日本語教師兼英語教師のMasaです :)

 

前回の投稿から少し時間が経ってしまいました、、、。

(新百合ケ丘教室、新宿教室、派遣先オフィス、カフェ、レンタルスペース、そしてオンラインレッスンも全て順調に稼働しております。)

 

新百合ケ丘教室の移転作業が一段落致したのも束の間 (正直ホッとしております。)、お陰様で毎日学習者様のお手伝いに忙しくさせて頂いております。

 

先日日本語学習者向けの動画を更新させて頂きましたので、ご報告させて頂きます。

 

Facebook:

https://fb.watch/29H980djul/

 

YouTube:

https://youtu.be/dvGf8hRpF0o

 

今回のトピックは使役動詞です。

 

英語の代表的な使役動詞はto makeとto letですね?

 

例えば、

I make my child do the homework.

I let my child play the video game.

です。

 

英語で使役動詞を使う際に注意しなければならないのは、目的語my childの後に前置詞toが入らない事そして直後の動詞は原形だということです。

 

それに対して日本語は、

 

私は子供に宿題をさせる。

私は子供にゲームをさせる。

と動詞のチョイスにも文の構成にも違いがありません。

 

英語は、to makeを選択する事で強制、to letを選択する事で許可、どちらを選択するかによってニュアンスを変えられる点が重要ですので覚えておいて下さい :)

 

さあ、12月に入りましたね。

 

弊校で日本語を学習している方々の中には、12月6日日曜日に迫るJLPTを受験する者も多く、皆さん現在猛勉強中です。

(今年はコロナの影響で7月のテストがキャンセルとなった為、12月の受験者が例年より多いそうです。)

 

英語を学習する日本人の子供達は、期末テストや来年に迫る大学受験の準備で大忙しです。

 

大人は年末に向けて慌ただしい中、更なる英語力アップでキャリアアップを目指す方々、外資系企業への転職の準備でお忙しい方々等、皆様英語力アップを継続中です。

(1月に英検を受験されるご予定の方は、12月初旬に申し込みの締め切りがあるので注意してください。)

 

アイルランドに御留学中のEriさんのアップデートが最近出来ておりませんが、私達は常時連絡を取り合っております。

 

ご本人は現地リポートがままならないほど、オンラインレッスン、銀行口座の開設、お引っ越し、移民局への登録等で、この数週間程怒涛の毎日を過ごされています。

 

近くShamrock Language Schoolのフェイスブックページに近況をお伝えする投稿をさせて頂く予定です :)

 

ここで一つご報告がございます。

 

2月の新年会(餅つき大会)より見合わせてきた弊校の異文化交流イベントを再開させて頂く事となりました。

 

当面はオンラインで行いながら様子を見ていきたいと思います :)

 

次回は12月12日土曜日21:00より本年最後のイベント、オンライン忘年会を行います。

 

今回もいつもお世話になっているTakasugi Atalierの高杉さんにご協力頂き、日本語を学習している外国籍の方々が15名程、英語を学習している日本人が15名程、そして弊校のスタッフ及び教師陣が10名程参加する見込みです。

 

https://www.takasugi-atelier.com/

 

外国語学習に興味がある方はどなたでもご参加頂けるので、もし宜しければぜひご検討下さい :)

 

参加費は無料です。当日は皆んなで言語に関するゲームをしながら交流します。ご参加頂ける方々全員にちょっとした景品とover all winnerには昨年と同様に特別な景品を準備しておりますので、ぜひぜひご参加下さい :)

 

慌ただしい毎日が続きますが、このまま年末まで走り抜けましょう!

 

Masa

2020-11-17 15:17:00
写真 2020-05-02 17 46 05.jpg

こんにちは

 

Masaです :)

 

11月も中旬に入り、年末が近づいて参りました。

 

弊校で英語を学習する中高生は来月初旬の期末テストの準備に、日本語を学習する方々は12月6日日曜日の日本語能力試験(JLPT)の準備に忙しい毎日を過ごされています。

(特に日本の高校三年生は、来年の大学受験に向けてラストスパートの時期ですので、毎日がストレスとの戦いです。)

 

試験等を控えていない方々も年末に向けてお仕事が忙しい中、レギュラーレッスンお疲れ様です :)

 

ヨーロッパやアメリカの留学組は、現地滞在を継続する方々、一時帰国を決断された方々等、年末年始の計画が慌ただしくなってきました。

 

また、日本に滞在する外国籍の学習者にとっては家族と過ごす大切なクリスマスシーズンが到来します。残念ながら、今年は皆さん帰国を断念された様です。

 

そんな中、弊校はなんとか年内に新百合ケ丘教室の引っ越しが完了して、ホッと胸を撫で下ろしている状況です笑

(住所のアップデートが遅れており、申し訳ございません。早急に対応致します。)

 

 

2020年は、レッスンのオンライン化が促進されました。

 

各国の語学学校も同様で、現地に残る決断をした留学生向けに、語学学校はオンライングループレッスンを提供し続けています。

 

しかし、これが特に多国籍の留学生が集まる語学学校のオンライングループレッスンとなると、それはそれは大変な様です。

 

先日、アイルランド共和国ゴールウェイの弊校の提携校Bridge Millsが新しいルールを設けました。

 

割と一般的な内容かと思いきや、例えば、、、

 

Do not eat or cook during classtimes. 

レッスン中に料理を始める学生、、、

 

Do not log in if you are traveling. 

明らかに外を移動しており、スマホのカメラであちらこちらを写し続ける学生、、、

 

Do not log in if you are working.

アルバイトの片手間でレッスンをしようとする学生、、、

 

Class participation is only allowed by you.

友達や家族をレッスンに誘ってしまう学生、、、

 

等、日本ではちょっと考えられませんが、現地の先生方は授業を成立させるのに必死な様です。

 

真面目にレッスンを受けている学生にとっては、とても不公平な状況ですので、Bridge Millsも今後は厳しく対応する事になりました。

 

今後ルールに違反した者は、出席と認めません。

 

 

ここで、今後長期の留学を検討されている方に、大切なポイントをお伝えします。

 

留学生は、学生としてアイルランド共和国に入国し滞在しています。よって、支払ったコース期間と同じ期間しか現地に滞在出来ません。

(語学学校の学生としの滞在は最長2年間です。)

 

滞在を延長する場合は、コースを延長し移民局に申請するだけなんですが、既存のコースの出席率は85パーセント以上を維持していなければ、申請しても滞在許可の延長は拒否さるので注意して下さい。

(私も現地の語学学校に勤めていた時、出席率が85パーセントに届かない学生に何度泣き付かれたことか、、、。もちろん改竄は出来ませんから、学生は帰国するしかありません。)

 

私の経験上、日本人の留学生でこの様な状況に陥ったケースはありませんが、学生は週に20時間の就労が認められているため、アルバイトに精を出しすぎて、勉強が疎かになってしまう学生もいます。

 

留学中は勉強のみに集中できる様に、計画的に準備を進めましょう!

 

いつでもご相談ください :)

 

Masa

ONLINE LESSON - STUDENT ETTIQUETE.jpg

 

1 2 3 4 5 6 7 8